Hidde van SteenwijkはGroningenで薬理学を学びましたが、「粉末や錠剤の薬」の世界の代わりに「健康によい薬」を用いることを決意しました。Maastricht大学博士課程の候補者である彼は現在、Brightlands Campus Greenport Venloの食品クレームセンターで、果物や野菜が私たちの健康に及ぼす影響に関する研究を行っています。この研究に対する彼の革新的なアプローチは、体に良い栄養の、潜在的な応用に関する新しい知識を養うのに役立っています。

 

「主に果物や野菜の摂取量を考察した研究や細胞の研究に基づいて、過去に非常に多くの研究が行われてきました。これらの研究結果は、果物や野菜に含まれるそれぞれの物質の価値を予測することにしか役立ちません。だからこそ、私は既存の研究に基づいたトップセクタープロジェクトである「果物と野菜の価値」という環境の中で新しい研究を始めました。食品クレームセンターのAalt BastとAlie de Boerの監督の下、4年間の研究で、私は薬学の観点から果物や野菜の健康への影響を調査するための革新的なチャレンジモデルを開発するつもりです。」

もっと教えてください。革新的なチャレンジモデルとは何ですか?

「チャレンジモデルは、1つの物質の小さな効果ではなく、健康を全体像として見ることを可能にするように設計されています。特定の栄養素の摂取と健康に因果関係があるかどうかを研究します。確証できるモデルを作成したら、イブプロフェンのようなNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)、食品サプリメント、その他の種類の果物や野菜など、に適用できます。」

 

研究はどのように構成されていますか?

「第1段階では、実際に炎症過程に影響を及ぼす可能性のある成分を選択する文献研究を行いました。抗炎症特性が選択基準の一つであった理由は、さらなる研究のために興味深いからです。2型糖尿病などの様々な病気は、慢性炎症を伴います。特に、ブロッコリーに一般的に見られスルフォラファンや、トマトのリコピンが適した物質であることが判明しました。これが私たちの研究の最初の焦点です。後の段階では、ジョギングや脂肪分の高い食事など、特定の課題に健康な被験者が参加します。これにより被験者はストレスに晒され、特定のバイオマーカーに炎症反応を生じさせます。これらのストレス源から回復が早ければ早いほど、より健康的になる可能性が高くなります。初期の段階では、炎症を引き起こす血液を使用してこの研究を行います。また、例えば、被験者の遺伝的構成やブロッコリーの調理方法についても考慮する必要があります。よく茹でたブロッコリーは、軽く湯通しするよりも、スルフォラファンの生成がはるかに少ないことを知っていましたか?」

 

ブロッコリーを最大限に楽しみたいですか?

  • 短時間で蒸すと、噛み応えがあります(3分)
  • 700oCで茹でます(10分)
  • または、生のままで食べます

よく噛んでください!苦く感じるなら、それがスルフォラファンです!

 

企業や知識機関のコンソーシアムが研究の背後にあります。あなたの仕事はどのように彼らを助けることができますか?

「最近では、運動を増やすことや、喫煙しないこと、飲酒量を減らし、果物や野菜を食べるなど、あなたのライフスタイルが健康に影響を与えていることは誰もが知っています。私たちは間違いなく最初の3つについては正しく理解していますが、より多くの果物や野菜を食べることは大きな課題のようです。人口のわずか16%しか1日に200グラムの野菜を食べていないので、その点ではまだ多くの改善の余地があります。なぜこれが重要なのかを明確にすることができれば、実際にそうするように人々を説得するために重要な切り札を手に入れることにもなります。これは、種子の品種改良を行っている会社や生産者にとって興味深いものです。私たちは、文献研究の結果を用いて、作物中に含まれる興味深い物質についてまとめました。また、現在、リコピンが炎症に及ぼす影響に関する文献研究も行っています。」

あなたは薬剤師として全く新しい世界に足を踏み入れました。

「そして、それは非常に興味深い世界です!自然由来の化学化合物が有益な効果を持つことができることがますます明らかになっているので、この分野と製薬セクターの間には多くの類似点があります。結局のところ、非常に多くの薬が、動物、植物やハーブから得られる興味深い物質に由来しています。私たちが今知る限り、果物や野菜は病気を治療するために使用することはできませんが、結果として病気にかかることを避けることができるかもしれません。今、正しい選択をすることで、あと10年間薬を服用することを延期できるとすると、それは驚くべき利益だと思いませんか?文学研究が終わったら、Brightlands Campus Greenport Venloの研究室でより多くの時間を過ごします。大学のキャンパスとこの研究所の両方で働くことは、国際的で感化される環境です。薬理学は完全にオランダのプログラムでしたが、私が博士課程の候補者として薬理学と毒物学のクラスを教えているプログラムには、世界中の人々がいます。私は本当にこの環境が大好きです。」

プロジェクトとパートナーの詳細については、こちらをご覧ください:www.waardenvangroentenenfruit.nl

 

Partners

Bejo Zaden B.V. - Best Fresh – Brightlabs - Brightlands Campus Greenport Venlo – Delphy B.V. - Groen Agro Control – HAS Hogeschool - InnovationQuarter - Koppert Biological Systems - Koppert Cress – Maastricht University – Nunhems Netherlands B.V. - Omnigen B.V. - Scelta Mushrooms – Stichting Avans - Stichting Control Food and Flowers – Takii – VanRijssingenGreen

 

このプロジェクトは、Topsector Horticulture and Starting Materialsから財政支援を受けています。Topsectorでは、ビジネス・パーティ、知識機関、政府が協力して、健康で安全な食料の持続可能な生産の分野におけるイノベーションと、健康で緑豊かな生活環境の開発に取り組んでいます。