Bejoの品種について、我々とお客様の間で知識を共有することは、とても大切です。今年はOpen Daysを開催することができませんので、映像で紹介することに致しました。

 

オンラインを活用し、映像で新しく売り出された品種にスポットライトを当てます。これについては、念入りに社内トレーニングされる予定ですので、Bejoメンバーは、最新の動向を十分に知り、チェーンのパートナーに専門的なアドバイスを提供することができるのです。

映像でのPREMIÈRE BEJO VARIETIES

私たちの際立った品種をお客様に紹介するために、いくつかの作物/品種の映像を作成致しました。その映像は、第38週、第39週、第40週に、オンラインキャンペーンによって、公開される予定です。注目すべき点は、品種の特性と、生産者、栽培者、販売業者や産業に自然と焦点を当てた、マーケットへの提供の機会です。内容について少し触れますと、ニンジン、キャベツ、タマネギ、レタス、キュウリ(ガーキン)、リーキの作物の品種について、紹介致します。

 

新しいナンテスタイプの品種Narvikは、食味の良い早生の細く表面が滑らかな品種です。また、貯蔵に優れたキャベツの品種Axel (Bejo3268)は、注目すべきでしょう。これは、高収量で、強く健全な品種です。Bowlerも同様です。軸が長く、洗浄に手間のかからない、揃いがよいリーキの品種です。

 

もちろん他にも多くの品種をご紹介致します。ぜひ、最新情報を映像での「PREMIÈRE BEJO VARIETIES」にて、ご覧になってください。

 

準備はよいですか>#PBV20

準備はよいですか>#PBV20